CMDBは識別された構成要素を記録し、保持するデータベースです

CMDB(構成管理データベース)とは、ITサービスに関連するすべての構成要素の情報を一元管理し、情報を必要とするIT要員に対して、いつでも提供できることを目的としたデータベースのことで、構成管理プロセスを効率的かつ効果的に実施するために欠かせないものです。ITILの各サービスプロセスと連動し、各構成アイテムの相関関係や関連履歴を捕捉し、インシデントや変更作業の影響範囲を特定などに威力を発揮します。

識別された構成要素を記録します

構成管理では何らかのツールの利用が必要となりますが、近年の技術革新のスピードや仮想的なIT組織体形の運用などを考えると、表計算ソフトや簡易型データベースでCMDBを構築するよりも、市販のCMDBツールを使用したほうよいでしょう。

CMDBにはITサービスに関するすべての構成要素の情報が含まれます。それに加えてサービスデスク、インシデント管理、問題管理で扱われる情報も記録して、すべて一元化するべきです。一元化することによって、CMDBは最も価値のあるデータベースへと発展します。このためナレッジベースとして位置づけて運用される場合が多いのです。